2020年代には生活に欠かせない最新技術

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

テレビゲームがオフラインからオンラインになり、ガラケーがいつの間にかスマホになり

テクノロジーの進化の例を挙げたらキリがありません。

 

2020年は日本国内での5Gサービスも開始し、テクノロジーの転換期になります。

目覚ましい進化を遂げているテクノロジーの一つに「IoT」というものがあります。

「Internet of Things」のことで「モノのインターネット」と直訳されます。

モノのインターネットとは、日常生活を送るうえで使用しているものを

インターネットに接続し、 スマホやタブレット端末などのような

デバイスを使って操作する技術です。

 

2020年現在、冷蔵庫や掃除機などの家電製品、自動車、バス街なかの設備など

さまざまなモノにIoTが使用されていて、今後はますます身近な存在になっていくでしょう。

ではIoTについて簡潔に分かり易く学んでいきましょう。

 

まずはIoTの意味をおさらいしましょう

 

 

★IoTはどう成り立っているのか(仕組み)

IoTを使用したモノには無線通信が搭載されています。

センサーやカメラを通じて得たデータをインターネットを介して

人やモノに知らせます。

 

センサーの具体例として光センサー、温度センサー、磁気センサー、

加速度センサー、画像センサーなど多様なセンサーがあります。

 

★IoTによって可能になること

①デバイスを使ってモノを遠隔操作する

あらかじめ洗濯物を洗濯機に入れてさえおけば、

外出先でも自分が帰宅する時間に終わるように洗濯をスタートできます。

②デバイスを通じてモノの状態・状況を把握できる

2020年代は、運転手のいない自動運転化したタクシーやバスが

街なかを走るようになると言われています。

スマホを通じて、タクシーやバスがどこを走っているか、や

タクシーやバスの空き状況を瞬時に把握できます。

③モノ同士で通信する

スマートスピーカー(Google Home, Amazon Echoなど)を照明や冷蔵庫、音響機器に接続することで

音声認識で照明を明るくしたり、エアコンの温度を調整したりすることができます。

 

 

 

★IoT活用例

象印マホービンの電気ポット

別々に暮らしている高齢の親が象印マホービン電気ポットを使用していると仮定します。

その電気ポッドには無線通信が搭載されており、電気ポッドの使用状況が

家族(自分やその子ども)のスマホやタブレット端末などのデバイスに送信されます。

毎朝使用しているはずなのに、ぱったりと2日連続で使用されなかったら、

親に何か起こったかもしれないと知ることができます。

この、電気ポッドの特徴は、水を沸かす+保温する以外に、

高齢の親の安否の確認、生活リズムの確認ができる」という

これまでにはなかった機能が備わっている点にあります。

 

IoTとは何か とっさに説明できますか? 事例つきで分かりやすく解説します

 

~以下、各分野でのIoTの活用事例~

①農業:

気温、湿度、風力、日射量などをセンサーで感知して

水やり・肥料の最適なタイミング・量をビッグデータから算出する。

またビニールハウスなど屋内栽培なら、室内の温度や湿度を調整できる。

②交通:

道路での渋滞情報を発信して、各ドライバーに知らせて、

リアルタイムで最適な道を選んで渋滞を回避できる。

歩行者数の多い道路にセンサーが設置され、走行している車が

30km/h以上の速度を出すと、次の信号が赤信号に変わる。

③製造業:

工場の生産ラインにおいて、今まではヒトの目で見分けていた肥料品を

カメラがビッグデータを活用して不良品を見極めて選別する。

④医療:

ウェアラブル端末を始めとして、デバイスが個人の健康状態をデータ化し、

そのデータを医師が把握して、医師不足地域に住んでいる患者さんの健康状態を管理できる

⑤物流:

Amazonや楽天市場など、ネットショッピングが主流になっており、

物流業界もそれに伴って盛んになってきています。

その中でも、Amazonの倉庫ではインターネットでの注文を受け付けたら、

棚が自動で作業員の場所まで移動するシステムを導入していて

労働者の負担を軽減することができる。

 

 

以上に述べた事例だけでも覚えておくと、今後の新しいIoT製品の理解にもつながると思います。