スマートシティ構想推進!一歩先の未来へ

初めの段落はトヨタやNTTの発表をまとめたもので

それ以降はスマートシティの実現で何ができるかを挙げたものです。

難しい初めの段落は読み飛ばしてそれ以降を読んでいただいても

スマートシティの理解は十分にできます。


クリックすると新しいウィンドウで開きます



2020年3月24日、トヨタ自動車株式会社と日本電信電話株式会社(NTT)は、

両者の取締役会で、テクノロジーを活かして社会発展を目指すパートナーとして

住民のニーズに応えるように進化を遂げ続けるスマートシティの実現と、

スマートシティビジネスの事業化が長期的・継続的に可能な関係構築を目的に

業務資本提携に関する合意書を提携することを決議、締結しました。



スマートシティという言葉が出てきましたが、意味はご存じでしょうか。


世界的には、人口は年々増加していき、2050年には90億人以上になると予測されています。

そして、この大部分が都市部に定住することも予測されており、

衣食住、衛生問題、温暖化などあらゆる環境問題が

今まで以上に深刻になります。


人類は転換期を迎えており、持続可能な社会を目指す必要があります。

そこで一つの選択肢として挙がるのがスマートシティです。

スマートシティはITを利用してエネルギーや資源などを

効率的に活用した環境配慮型都市を言います。


この一文を読んだだけでは正直、何が言いたいのか分からないと思います。

もう少し、かみ砕いて分かりやすく説明します。

Smart = 賢い、頭が良い  City = 街、市

を組み合わせてできた言葉であり、文字通り、賢い街のことです。


どう賢いのか、と質問が出ると思います。

それの主な答えは、生活における様々なモノがインターネットにつながって

私たちの生活を、より便利かつ快適なモノにしてくれることです。

(様々なモノがネットにつながることをIoT(Internet of Things)といいます。)

※IoTについては後日、記事を書きます。

エネルギー・交通・教育・経済・生活・建設・医療・住居など

あらゆるものにIoTは関わってきます。


すでに実現されている「賢い街」の具体例を箇条書きで示します。

・公園のスプリンクラーにセンサーが搭載されており、土壌の湿度を検知して、

湿度が低いときのみ効率的に水をまく(スペイン・バルセロナ)

・歩道に設置した「床発電パネル」の上を人が歩くと

歩くときに生じるエネルギーを利用して発電を行い

エネルギーを効率的に供給することができる(イギリス・ロンドン)

・歩行者が多い道路には車両のスピードセンサーが設置されていて

車が時速30km以上出していると、次の信号が赤に変わり

未然に交通事故を防ぐ(スペイン・バルセロナ)

・ケンタッキー・フライド・チキンにて、AIが顔認証を行い

「Alipay」から自動決済されるのでクレジットカードすら必要ない(中国・深セン)



このように世界各地でスマートシティ計画が進められていますが、

日本におけるスマートシティの一例がトヨタが進めている

ウーブン・シティ(Woven City)」です。

トヨタは2020年1月にラスベガスで開催された世界最大規模の

エレクトロニクス見本市である「CES2020」にて、「ウーヴン・シティ」という

実験都市を開発するプロジェクト「コネクテッド・シティ」を発表しました。

このウーブン・シティは静岡県裾野市の2020年末に閉鎖する予定の

トヨタ自動車東日本株式会社東富士工場跡地を利用します。

なんと東京ドーム15個分もの広さの土地を活用して街づくりを実施していきます。



★ウーブン・シティ(コネクテッド・シティ)とは?

街を通る道を次の3つに分類して、それらの道が網目のように織り込まれた街路を構築します。

①スピードが速い車両専用の道「e-Palette(トヨタの次世代自動車)」など、

完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティ(≒自動車)のみが走る道

②歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティ(≒個人の自動車)が

共存するようなプロムナード(直訳は遊歩道、散歩道)のような道

③歩行者専用の公園内歩道のような道

engadget




前述した通り、持続可能な社会の実現を前提とした街づくりであるため、

街の建物は主にカーボンニュートラル(http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=3670)

な木材で建設され、屋根には太陽光発電パネルを設置するなどします。

住民にとって必要不可欠なインフラ系は全て、地下に設置します。

住民は室内用ロボットなど最新技術を実証するほか、

センサーを搭載したAIがデータを利用して健康状態をチェックしてもらうなど、

日々の暮らしに最先端技術を取り入れます。

また、街の中心部や各ブロックには公園や広場も作って、

住民同士がつながりあい、コミュニティを形成する場もたくさん提供されます。


このようにして、最先端の技術を日常生活に取り入れて

生活をより豊かなモノにしようというのが目的です。


既存の街にこのような実証を行うには様々な障壁があり、

莫大な資金と時間がかかってしまいます。

「なら、新しい実証都市を作ろう」という発想をして

ウーブン・シティが実現することになりました。